ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とはなんなのか、僕もあまり知らなかったのでこれを機に一気にジェネリック医薬品について調べてみることにしました。

まずバイアグラに限らずジェネリック医薬品は数多くの薬にあるということが分かりました。簡単にジェネリック医薬品とは何なのかを説明すると、まずA社がαという薬を開発します。

これが先発医薬品といわれるものです。

このαを開発したA社は開発費などに莫大なコストがかかっている為、20年間にわたり特許が与えられ、その薬の販売、開発の市場を独占できます。

反対にこの特許が切れた後にB社がほぼ同じ効果の薬を開発したのがβという薬です。

これをジェネリク医薬品(後発医薬品)と言いますほぼ同じ成分の薬をまったく研究費などをかけずに安価で開発したため、僕たちのような消費者が安価でαと同じ効果のβという医薬品を手に入れることができます。

これが先発医薬品とジェネリック医薬品(後発)の関係です。

この場合αがバイアグラに当たり、βがセンフォースなどのジェネリック医薬品になります。

先発医薬品のバイアグラには数多くのジェネリック医薬品が存在します。

完全正規品の先発医薬品かいい方は悪いですが、安価なまったく同じ効果のコピー商品か購入するときに決めるのはあなたです。


バイアグラジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品は数多く存在していますがその中でも、人気のあるバイアグラジェネリックを紹介していきます。

・アジャンタファーマ社から発売されているカ「マグラシリーズ」錠剤タイプだけではなく、発砲錠と言われる水に溶かして飲むタイプの物やチュアブルタイプと呼ばれる噛み砕いて水なしで服用できるタイプの物などが発売されています。

・シプラ社から発売されている「シハグラ」最大の特徴は錠剤に切れ目が入っており、容量を自分で調節できるという工夫がされています。

・アウロケムから発売されている「ハードオン」パッケージが可愛くさわやかなのが特徴で、ゼリータイプも発売されており甘く、水無しでも飲めるのが特徴です。

・センチュリオン社から発売されている「センフォース」はバイアグラのジェネリック医薬品の中でも安価で購入でき、安全性に高い評価があるため大変人気のジェネリック医薬品のようです。

・「アグラゴールド」はジェネリック医薬品には珍しくパッケージが日本語表記になっている為、成分量など細かい場所まで確認したい人にはオススメの医薬品です。


ページトップに戻る