バイアグラの副作用報告

バイアグラも勃起不全や中折れの改善だけを見れば非常に素晴らしい非の打ちどころがない医薬品なのですが、バイアグラも医薬品なので当然のように副作用が存在するようです。

ただの風邪を治す薬を飲んだだけでも、強烈な眠気がくる場合もありますが、バイアグラにはいったいどのような副作用が報告されているのか、調べてみました。まずバイアグラで多い副作用は「顔の紅潮」「眼球の充血」です。

この二つの症状は服用してから90%以上の人にあらわれる副作用で、バイアグラが効きはじめると同時にあらわれるので、効きはじめの合図ととらえて良いでしょう。

これはバイアグラの効果の血管膨張作用が引き起こす作用で、アルコールを飲んだ時のような状態になってしまいます、この二つはほとんどの人に現れる副作用なので、知らないとビックリしてしまう場合があります、ので程度服用する前にバイアグラの事について調べて知識を入れておく必要があるかもしれません。

その他に確認されている副作用は「頭痛」「急な動悸」「鼻づまり」などがあるようです、こういった症状があらわれ、バイアグラの効果が切れた後でも持続するようであれば、正直に恥ずかしがらずにバイアグラを服用したことを医師に相談しいて処置してもらうことをオススメします。

ED治療薬の中でもバイアグラの副作用は多いみたいなので、しかっりとした管理のもとで服用をして、ナイトライフを楽しみましょう。


バイアグラの服用注意点

バイアグラの注意点には、バイアグラを服用してはいけない人が含まれるようです。

主に

1.過去にバイアグラを服用して過剰に副作用があらわれた方

2.狭心症や筋梗塞の患者で硝酸剤やニトログリセリンを治療の為に投与している方

3.心臓病などでそもそも性行為や運動など息が上がる行為を禁止されている方

4.中程度~重い程度の肝臓機能障害をお持ちの方

5.バイアグラの使用で血圧が下がるため、重度の低血圧の方

6.心筋梗塞や脳梗塞などの血管の病気の疑いのある方

7.重程度の不動脈患者でなおかつ塩酸アミオダロンを投与されている方

8.また未成年の方の服用は禁止されていますが、既婚者の場合はこれの対象ではありません

9.網膜色素変性症と医療機関で判定された方、また網膜色素変性症の自覚症状がある方です。

バイアグラを使用できない人はこれを見てみると結構いるみたいですが、自分の身体を守るためには必ずしも必要な事なので、しっかりと守って服用をしてください。

この中でも特に2の硝酸薬を病気などで投与されている方はバイアグラの使用は絶対に避けてください、ということがどこのページにも書かれていたので、注意が膣用ですね。


ページトップに戻る